Menu

ウサギとの暮らし方~食餌管理 牧草編~

みなさん、ウサギちゃんにどんな牧草をあげていますか?

一言に「牧草」と言っても、いろいろな種類があって迷ってしまいますよね😟💦ウサギちゃんの健康を守る上で、とっても大切な役割を担う「牧草」🌿そこで、あなたの愛するウサギちゃんに代わってお願いです🐰

これだけは知ってほしい!幸せなウサギ暮らしには「牧草」がなくてはならない3つの理由🐇🌿

1:ウサギちゃんのごはん(主食)=牧草!

元気にぴょんぴょん動き回る、とってもキュートなウサギちゃん🐇💕体は小さいけれど、立派な筋肉と瞬発力、優れた身体能力の持ち主です💪それを生み出すには、たくさんの材料、つまり体を作ったり、動くエネルギーの源を取りいれることが不可欠なはず🤔しかし、ウサギちゃんのごはん(主食)はなんでしょうか?

…そう、牧草です!

私たちが食べているごはんと比べると、ずいぶん栄養に乏しそう…もっと栄養のあるもの、食べなくて大丈夫なの?

…〝🐰心配ありがとう!でも、「牧草」は元気の源!私たちの身体は完全草食の仕組みを備えているから平気なの✨″

ウサギちゃんは、草や木の葉を食べる「完全草食性」です。わたしたち人間のように、お肉やお魚はもちろん、植物の中でも栄養たっぷりのお豆や木の実などを食べなくて大丈夫!

その秘密は、ふわふわのお腹の中の非常に高性能で優れた消化管!🐇特に大きく発達しているのは「盲腸」です。そこには、微生物がたくさん!なんと、ウサギちゃんに必要なビタミンやタンパク質などを作り出してくれます✨栄養に乏しい草からエネルギーを生み出せるのは、微生物のおかげ💚そんな微生物さんの元気の源は、ウサギちゃんが食べてくれた繊維🌿さらに、繊維はウサギちゃんの腸の動き(蠕動)を良くしてくれます!

微生物さんに頑張ってもらったり、腸の蠕動を促したりするために、繊維たっぷりの牧草で、良い腸内環境を保ちましょう!

2:繊維たっぷり〇〇科の牧草で腸健康!

正直、私たちにも「どの牧草が一番か?」はわからないんです…ごめんなさい。

というのは、その子その子によって食の好みが違うから💦実は、私たちより味覚や嗅覚がずっと敏感なウサギちゃん、とってもグルメです…いくら評判の良い牧草でも、わが子が嫌いで食べてくれなければ、残念ながら「一番良い牧草」とはいえません😥

ただ、自信をもっておすすめしたい牧草があるんです😊

それは…イネ科の牧草!

イネ科の牧草にもたくさん種類がありますが、ここではチモシー、オーツヘイについて簡単にご紹介しますね。

・チモシー(オオアワガエリ)

春から秋にかけて2、3回収穫ができる多年草。収穫できる時期が長いため、安定して手に入りやすいことも魅力的✨いざという時に入手しやすいのは安心です😊ちなみに…「チモシー」の名前は、18世紀の初めにアメリカに輸入したチモシーさんの名前からとったそうです。イギリスではCat’s tail🐈たしかに穂の部分が猫ちゃんのしっぽみたい!また、チモシーは、刈った時期によって以下のように分けられます。

1番刈り:春から初夏にかけて収穫されたもの。茎が太く、食べ応え◎!繊維も豊富✨

2番刈り:一番刈りを収穫した後で成長したものが二番刈り。夏の終わりから秋にかけて収穫。茎が細く、柔らかめ。

3番刈り:冬の初めに収穫されたもの。茎は細く、ほとんどを葉が占めているためとても柔らかい。硬い牧草が苦手な子におすすめ!😊

1番刈りが高繊維ですが、これでなくちゃ!とこだわらなくて大丈夫😊繊維量に差はあれど、2番刈り3番刈りの繊維だって、ちゃんとウサギちゃんのためになってくれます🐇🌿

・オーツヘイ(オートムギ、エンバク、カラスムギ)

種はオートミールの原料。また、猫ちゃんが猫草として食べるのも、実はオーツヘイ!😺他の牧草と比べると甘いため、ウサギちゃんの食欲がないときのおやつとしても◎。繊維たっぷりなので、大きくて素晴らしいウンチをしてくれます🥰

その他のイネ科の牧草としては…オーチャードグラス、イタリアンライグラスなど…

同じイネ科でも、繊維の量をはじめ、様々な違いがあります。ですが、「イネ科」であれば、どの牧草も十分に高繊維!😊ウサギちゃんにばっちりのごはんです🐰✨

また、アルファルファなどのマメ科ほどに栄養やカルシウムが多すぎることはありません。

カルシウムも大切なミネラルですが、余ったカルシウムを尿から出すウサギちゃんは注意が必要⚠たくさん取りすぎてしまうと、尿の通り道にカルシウムの石ができてしまうことがあるのです。

また、マメ科の牧草は、大人のウサギちゃんにとっては、栄養が多め💦食べすぎると太ってしまう心配も…🤢

あなたのウサギちゃんの牧草一番は、ぜひ、「イネ科」の牧草から探してあげてください!いろいろ試して、お気に入りを見つけてあげられるのも、あなただけ!😊❤🐰グルメなウサギちゃんと暮らせる喜びですね💕

 

3:ウサギちゃんの歯はすごい!

ウサギちゃんの歯はすごいんです!一生伸び続けるんです!牧草をすり潰して削れても、また伸びてくれるおかげで、ずっと牧草を食べられる🐰🌿

ウサギちゃんが一生懸命に牧草を食べている様子を見ていると、下のあごが「横(水平)方向」に動いているのがわかりますか?

これがウサギ本来の歯の動き!おかげで、奥の歯は全面がすりあって一定の長さを保っています(下図参照)。この奥歯は、繊維をすり潰す「臼」のような役目を持っています。その名も「臼歯」!

せっかく「歯を一生伸ばし続ける!」という、私たちにはない素晴らしい能力をもっているのに、本来の歯の動きができない食べ物ばかり食べていると、どうなってしまうでしょう?例えば、ペレットなどの塊状のものばかり食べていると…

牧草の様にすり潰す必要はなく、塊を崩すために、あごは「縦の動き」ばかり繰り返します(下図左)。

すると、すり減っていくはずの歯が、そのままどんどん伸びてしまいます(下図右)。

伸びすぎた歯では食べにくくなってしまうだけでなく、不適切に削れて尖った臼歯の先端が、ウサギちゃんのほっぺたや舌を傷つけてしまうことも…痛くて食べたくても食べられません😖

牧草だけでなく、ウサギちゃんの大事な栄養源、盲腸便を食べられなくなってしまう子もいます。ウサギ本来の食餌をできないことで、悪循環に陥ってしまいます…

逆にいえば、本来の繊維たっぷりのごはん=「牧草たっぷりの食餌」を心がけるだけで、病気の予防になり、健やかなウサギちゃんの暮らしを守ってあげられるのです!

今回は以上の3点、ウサギちゃんの主食は牧草、イネ科の牧草は繊維たっぷりで理想のごはん、そして、歯の健康維持にも牧草が欠かせないことをお伝えさせて頂きました!ウサギちゃんの牧草の大切さについて、少しでもわかって頂けたら何よりです😊難しく考えすぎず、まずはこの3つを心がけて牧草を選んでみてください。

たっぷりの愛情は、たっぷりの牧草で❤😊それがウサギちゃんにとっても飼主さまにとっても、きっと幸せにつながると思います。

解決できないお悩みを抱えていらっしゃる方は、ご来院の際にご相談いただけるととっても嬉しいです!

これからも、ウサギちゃん思いの心優しいみなさまと一緒に、幸せなウサギ暮らしを考えていきたいです🐇🌸

獣医師 O🐰